自宅でできる顔のリフトアップ

リフトアップで顔を引き締めたいという方がたくさんいます。リフトアップはしたいけれど、エステや美容外科での施術を受けたいというわけではない人もいます。自宅で、リフトアップ効果のあるお手入れはできるのでしょうか。マッサージによる顔のリフトアップを覚えれば、家庭でたるみを引き締めることができます。リンパマッサージや筋肉マッサージで代謝を活発にし、新陳代謝を改善することは、美肌効果があり顔リフトアップにもよいとされています。目もとの筋肉が弱くなると、目もとがたるみやすくなるようです。目の周囲の筋肉を柔らかくすることで血の巡りも改善し、たるみや小じわの解消効果が得られます。まぶたがむくんでいた場合も、マッサージでまぶた周りの血流を促進することが、目がぱっちりとします。まぶたのマッサージケアは、自宅ならではのリフトアップです。エステなどの専門機関では、まぶたのマッサージをしてくれるところはないようです。額に深いしわが刻まれている時は、前頭骨のずれやゆがみが関わっていることがあります。前頭骨をマッサージし、顔のリフトアップを行いましょう。額のリフトアップをすることで、むくみによって顔全体を下方向に抑えていた額がスッキリし、結果的に目じりのたるみもなくなることもあります。日々しっかりとリフトアップのマッサージをすることが、顔のたるみ解消につながります。

リフトアップと顔のたるみの原因

なぜ顔はたるみができるのでしょう。顔のたるみを改善するために、リフトアップマッサージを施すという方法が注目されています。顔には、表情を作るための表情筋があります。表情筋の動かし方は、顔のたるみに関係しています。滅多に表情筋を使わない生活をしていると、たるみやすくなるようです。加齢によって体内のエラスチンやコラーゲンが減少し、その影響で肌の乾燥が進んで弾力がなくなり、たるみやすくなるといいます。顔の皮膚を支えていた表情筋が弱くなるとたるみが目立つため、リフトアップをすることが大事です。リフトアップによる顔たるみの解消方法は様々なものがあります。表情筋は、普段どおりの生活を送っている限りは、30%ほどしか動かしていません。余り表情を変えず、結果的に表情筋を使わない毎日を送っていたために筋肉が弱ってたるみが出たりしないよう、表情筋のエクササイズを続けてみましょう。顔の引き締めを目的としたエクササイズは、数えきれないほどあります。覚えやすく、実践しやすいエクササイズが揃っているので、手軽に実行できます。エステのマッサージコースによるリフトアップは、効果が速やかに得られるというメリットがあります。プチ整形で、リフトアップを行うというやり方もあるようです。表情筋を意識して動かす習慣をつけることで、顔の筋肉を鍛え、たるみを解消してリフトアップを目指すことが効果があるといいます。

手術で行うリフトアップ

家でのケアでリフトアップを行うという方法もありますが、エステや家ではなく、整形でのリフトアップも可能です。どんな手術を行うことで、顔のリフトアップを行うことができるのでしょうか。しわやたるみのない、ピンと張った皮膚にするために、額から耳にかけての皮膚の一部を切り、皮膚を持ちあげます。マッサージやエクササイズではそうそうしわやたるみは減らせませんが、リフトアップ手術では劇的な結果が得られます。手術によって傷跡は残りますがしわにそって切るので違和感はなく、髪でカムフラージュできます。ただし、顔のリフトアップをすると施術後に内出血や腫れが生じることがてります。2週間ほど、腫れがひくまで時間がかかった人もいます。運動のしすぎや、お酒の飲みすぎはリフトアップ後は厳禁です。リフトアップは人を若々しく見せますが、かといって20歳も30歳も外見がわかくなったりはありません。リフトアップで若く見える程度は、人によっては違いますが10歳から15歳程度です。不自然なほどに若くなるということはまず考えられないでしょう。手術費用がかかることも、美容整形の注意点です。入院をせず施術だけでも200万円もかかったりしますので、ふところ事情とよく相談しましょう。手術費用は施設によって全く異なります。アフターケアの範囲もかなり違うため、カウンセリングを受ける時に聞いておくことが大事です。リフトアップ手術は、注意点や弱点も結構ありますので、事前に担当医と相談して納得のいく形で行いましょう。