料理の基本

–¼Ì–¢Ý’è-2

料理の基本は、必ず、よくレシピを読むことです。料理をする時は、材料や作り方の手順が非常に大事です。器具や道具の準備も大事で、分量に合わせた鍋やフライパンなどを用意する必要があります。計量も大事で、重量は、はかりできちんと計量し、液状のものは、計量カップで計量しましょう。料理の基本としては、包丁の使い方も大事で、初めて使う包丁は、刃の長さが20cm前後のものがベストです。包丁を持つ時は、きれいに安全に切るため、しっかり握りながらも、力を抜いて軽く包丁を持つことです。切り方によって火の通りや歯ごたえ、味のなじみ方に差が出てきます。また、おいしく食べるには、食材の下準備は欠かせません。季節の旬の素材を取り入れることも料理の基本で、旬の素材は栄養も充実していて、安くてとても美味しいものです。栄養バランスを考えることも料理の基本です。できれば1日に30品目を目安に料理に取り入れることです。味や材料には、バリエーションを加えることを忘れてはならず、コッテリ味には、アッサリ味のサラダ、と言う風にバランスを工夫することです。味や舌ざわり、温かさや冷たさのバリエーションを持たせるのが、料理の基本です。